topimage

2017-03

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お引っ越し - 2011.02.12 Sat

ブログ、お引っ越しします。

http://ameblo.jp/ryooolog/

これからもよろしくお願いします。
スポンサーサイト

約束 - 2011.01.03 Mon

「約束はしたほうがいい。

赤ん坊とでも犬とでも、自分とでもいい。

しっかり約束をしておいたら、
それを守ろうとしている間に
手先が器用になったり、足が丈夫になったり、
目がよくなったり、頭がよくはたらいたりしてくる。

そうだ、あんたは約束を守れる人間になるんだ。」


去年もたくさんのチャンスをいただいて、いろんな経験をさせてもらいました。
今年もたくさんのチャンスをもらえるべき人でいられるように
誠実に、前向きに

帰国の度に会ってくれる人、
帰国の度に電話くれる人、
なかなか会えへんけどつながってくれとる人、
みんなありがとう。

今年も
自分とも、まわりのともだちとも
いっぱい約束をして、それを守れる今にしたいです。

今日から仕事初め。
南の国に今から戻ります。



今日の写真 : 休憩時間/Dlingo Bantul
今日の音楽 : 三日月/くるり

乗り換え案内 - 2010.11.27 Sat

ジャカルタの空港にあって、
地方へ出張するときの楽しみ。
協力隊時代からの憧れの写真で、
こんな写真とれたらなぁと思っとった
ユニセフ基金のバーナー。

こんな子ども達にいっぱい出会いたいと思ったから、
まだここにおるのかなぁ。


もうすぐ今アサイン終了します。
今回3県で子ども達と行った授業は、
各新聞で取り上げられて、
英語、インドネシア語の解説付きで
ジカとイ国教育省の名前でDVD化される。
他の島からのオファーもある。
いつの間にか話だけが大きくなることにドキドキしとったのが
いつの間にかただ気持ちだけが大きくなってまって
授業のコメントに、授業構成の相談に、大学や研修センター講師の不勉強さに、
ふんぞり返っとったことをほんと反省する。

「問題ができた子だけにプレゼントをあげます」
「発表しない生徒は、できない生徒です」
「『わかった?』と聞いたときには『わかった』と言わせます」
「事前に公開授業の練習をさせます」

問題はあるにしても、この国にはこの国の寄り添い方があると思う。
何のために今ここにおる道に進む乗り物に乗ったのか
この写真の前を通るたびにハッとする。
あ、そうやったって。


同じ方向に進みながらも、そんで進むために、
バスに乗ったり、電車に乗ったり、たまには歩いたり、
乗り換えをしながら調整をするんやなぁって思う。
一発で目的地まで行ける乗り物なんてどこにもないから、
それぞれの場所でしっかり方向を見極めながら、
そこにあるものに自分を合わせたり、
そこにないから道をつくったり、
本当に正しい選択なのか迷いながら責任は結局自分に返ってくる。

でもやっぱり、
せっかくだから調整の乗り換えをしつづけたいと思う。
大きなレールであることに妥協しずに、
勇気を出して自分の乗り換え案内表を開いて、
そのチャンスに敏感になっとりたいです。


そんで、
ジャカルタみたいな大都市でもみんながやっとるみたいに
調整乗り換えしたすぐ後でも
席をさらっと譲れるぐらいの余裕は、もっとりたい。

明日から仲良し通訳とパダン、バンジャールで立て続けの研修。
これが終わったら、日本に帰ります。


今日の写真 : ちょっとたちまって/Jakarta airport
今日の音楽 : 風邪をひいたひょうしに/クラムボン
最近の読書 : わたしのマトカ/片桐はいり
      片思い/東野圭吾
      きみの友だち/重松清

それぞれの事情 - 2010.10.19 Tue

最近のできごと

ジャワ島3県Pelitaプロジェクト公開授業
国中の子ども達


何回乗るんや!ってくらい飛行機乗ります。
事務所のスタッフが到着後すぐ移動できるように
通路側最前列をわざわざ予約してくれとるにもかかわらず、
最近はずっと窓側席に換えてもらう。後部座席になろうが関係ない。

「景色がみたい」とかやなくて、
到着後すぐに、ドアも開いてないのに、通路めちゃ混みなのに、
急いで飛行機から脱出しようとするインドネシア人にうんざりやから。
人を飛び越えたりもする。ありえん。
爆発しませんから。って思う。


3年も生活するのは、
当たり前にイイトコばっか感じれるわけでもなく、
しょっちゅう腹もたつよ。

「あんた、給料いくらだ」って会議発言で聞いてきて、
授業中に「記念ね」って肩くんできて写真とろうとして、
時間に遅れても言い訳どころか、第一声が「お菓子どこ?」で、
切実に努力して欲しいことに「神が許せば、やってみるよ」って濁す。

その度にクーーってなるけど
自分のこと、さておきって苦笑いも実はいっぱい。

訪問学校までの移動時間の予測ミスに
授業内容の時間配分に
インドネシア語が出てこんくなる一瞬に
ありえんくらい余裕がなくなってまう自分に恥ずかしくなって落ち込んでまう。
そんなときの自分が本当の大きさなんだろうなって思う。
どんなときでもどしんと構えて許してしまう彼らは憧れでもあるし。


そして忘れがちやけど、
「人種が違う」「文化が違う」よりももっと根本的に、
今まで生活してきたそれぞれのバックグラウンドがきっとその人なんやと思う。
生まれたところだけでその人は語れんから。
なかなかわかってもらえない、
トラウマやったり、許せんことやったり、気になることやったり、
そういうものを乗り越えようとして、振り返って、
知らんぷりして、でもできんくって、
葛藤とあきらめと後悔と、そんでその言い訳でバランスとりながらで、
みんなそんなに変わらんのかもしれんな。

せっかくいい訳上手になるなら、自分の行動にだけやなくて、
まわりのいろんな人のことも言い訳できる、そんな大きさがほしいです。



今回は毎日授業を公開しています。
200人以上の子ども達と出会って、名前覚えて、握手して、
成長のポテンシャルにこっそり驚いて、うれしくなる毎日です。


今日の音楽 : そして風は吹く/サニーデイサービス
今日の写真 : Pasuruanの僕の生徒達
最近の読書 : ワタシは最高にツイている/小林聡美
      神鷲商人(上・下)/深田祐介

Indonesia Ke-7 - 2010.09.17 Fri

スクリーンショット(2010-09-17 06.45.35)


7回目の入国。

既にスケジュールいっぱいで、今からジョグジャ出張です。
毎回のことながら、言葉の切り替えにまったく慣れん。


12月に帰ります。
またあすんでください。



Aku udah ada di Indonesia. Kali ini ke7 masuk ke Indo.

Rencana saya udah dipilih yg penuh..duhh.
Sebentar lagi mau berangkat ke Yogyakarta untuk rapat.
Setiap kali susah jadi biasa bicara bahasa.

Pada bulan Desember aku akan meninggalkan sini lagi.
Mari kita ketemu ni.


今日の写真 : 市場のテンペ屋さん
最近の読書 : 大人も子どももわかるイスラム世界の「大疑問」/池上彰
      子どもの心のコーチング/菅原裕子

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Author:ryokky
学ぶこと=意識の投影物をどんどんふやしていくこと。
どこでも、だれとでも学びはつくりだせるって証明するために…
インドネシアで全力投球の毎日です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

Teman

カレンダー

07 | 2017/03 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。