topimage

2010-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

循環回路 - 2010.08.02 Mon

たこ



最近のできごと

・こっそりやっと手に入れた携帯を孤児院長に池に捨てられたアリフ
・どんなに働いても交通費が手に入らなくてジャワ島に帰れないシマン
・バイクで一瞬で駆け上がるボクと薪の自転車で坂を上るおじいちゃん
・インターナショナルガムランコンサート
・人に誠実であるということ



ほとんどの時間を勉強に費やす受験時代のような毎日やけど、
その隙間にどんどん詰め寄せるいろんな出来事がありすぎて、
やっぱりいっぱい考えます。

週末は孤児院で過ごします。
新学期が始まって、新しいメンバーがかなり増えました。
はじめて出会う外国人と外国人が使うインドネシア語に戸惑いながらも
ちゃんと仲間にしてくれる、そんな抜群のセンスにはいつも頭が下がるよ。

インドネシアの孤児院は、
両親のいない、piatu
方親のいない、yatim
他にも、学校の余裕がなかったり、村でもない山に住んでいたり、育ててもらえる環境がなかったり、背景は様々。


今日は中3のアグスと高1のマルジョと彼らの家まで遊びに行ってきた。
3人乗りバイクで山道。しかも往復3時間。死んだ。

申し訳ないけど、お世辞にも休める場所といえない彼らの家で
ご飯をごちそうになって、
グラジャワつくりを見せてもらって、
カカオの実をとりに行って、
昼寝してきた。


帰りしなに
近所のおじちゃんやおばちゃんが
こっそり彼らにお小遣いをわたすところを見て、なんだかじんとした。
高校生のにぎるRp1.000(10円)札やRp5.000(50円)札を見て、
何かを感じれるわけやないけど、何も感じんわけやない。
急成長中のインドネシアの街の高校生は、携帯とバイクとあそびで日本とそんなに変わるもんやないと思う。


そして、アグスのお母さんがくれた作りたてのグラジャワ。
椰子の木のてっぺんにある花から採取する液体をじっくり煮詰めてつくる天然砂糖
できたてでまだあったかい7つの固まりは、
2時間かけてやっと7つできあがるもので、
もしボクが来なかったら、
市場にもっていって僅かだけどお金に換えられるそれは、
かんたんにボクにもらわれてしまいました。

もちろんほんとにうれしくて、
matur nuwon banget(ほんとうにありがとう)だけど、
ボクはこうやってしてもらっとることを、自分のところで止めてないかと急に思った。

きっと、世界は目に見えないやさしいきもちの循環回路があって、
それがうまくめぐることでうまい具合にいろんなものを支えとるんやと思う。
「足るを知る」ことと「余分を手放す勇気」
もちろんそれは、そうできる機会に出会うことも
日本人のボクとしては大きな要素だけど、
その機会に巡り会っとる今でさえ、どこをどうしてこの回路にアクセスすればいいのかわからん。

でもやっぱりこの循環回路の一員に憧れてしまうボクは、
それが自己満足で終わりそうなぎりぎりの淵をなんとか模索しようとしています。
それはまた報告します。

今日の音楽 : 胸いっぱい/サニーデイサービス
今日の写真 : 凧揚げdi panti beji wates/olympus PEN
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Author:ryokky
学ぶこと=意識の投影物をどんどんふやしていくこと。
どこでも、だれとでも学びはつくりだせるって証明するために…
インドネシアで全力投球の毎日です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

Teman

カレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。