FC2ブログ
topimage

2018-12

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強運の持ち主 - 2010.05.02 Sun

IMG_0012.jpg


今日のできごと

こっち来て3回目のお休みは、2年間で一度も行かなかった場所に行ってみる。

インドネシア歴史博物館

面白かった。いろんな意味で。
オランダ領東インド時代の建物に囲まれたコタ地区は、植民地時代の面影が健在だった。
20円で入れるとこもすごいけど、
ベチャ(自転車タクシー)や、カンティン(箱型購買)や、カキリマ(移動式屋台)が悠々しく展示されとる。そして、外に出るともっと年期の入ったそれが現役で活躍しとる。この国の基準は何なんやろう。クラクラしてまう。

事務所がある教育省のビルでも、エレベーターの扉が開くたびにピンポン台を狭いスペース全面に広げてケラケラ笑いながら興じとるのにもクラクラする。
日本で官僚が文科省にピンポン台持ち込んで就労時間にやれるやろうか。
いいとか悪いとか超えまくって、この国にはお金では変えられない価値がちゃんとあるよなぁ。


今回は、ジャカルタでの滞在も多いからか
専門家や駐在員との食事もあったからか
仕事にもう一度新たな気持ちで向かったからか
それでも行く場所は協力隊のときと同じだからなのか
インドネシアの格差社会をひどく感じます。

「ジャカルタだから」って思ったり、日本人の人とご飯を食べる自分は
帰り道に出会う
トランスジャカルタの降下や脇道でお金の紙コップを握ったままうとうとしている子ども達の生活と明らかに違うわけで、
努力や
自分の外のところで動いた力の大きさを思い知る。
人間はあたりまえに平等ではなくて、それよりもまえにある大きなものに動かされとる。
多くの国で仕事をした専門家が、
「日本って国は失敗者に対して異常なまでにつめたい国だけど、ある意味奇跡の国で、この時代にこの国に生まれたことは宝くじ3億円に当たる以上に運がいいことで、でも日本を出たことない人にはなかなかわかってもらえない」と嫌みっぽくなく話してた。
そんな子を目の前にしても、手を差し伸べることにも差し伸べないことにも迷ってまう僕はもちろんわかっとらんな。

そして、雨期が明けようとするこのジャカルタのどっかで、学校をリタイヤしたトゥリスナも生活しとるのかな。
物乞いなのか、子どもを集めた組織におるのか、あまりおすすめしたくない感じになっとるのか、もしかしたら仕事に巡り合えとるのか今となってはわかる方法もないけど、おるんやろうな。
中2の男の子が一人で生きていくには暗いイメージしかもてんけど
あの笑顔があるとええなぁ。

偶然出会えて握手がまたできたら嬉しいなぁ。

3億円以上の幸運の国に生まれて、もっかい彼と握手がしたいです。

強運の持ち主 = orang yg mempunyai nasib beruntung
今日の音楽 : colors/大橋トリオ
今日の写真 : ジャカルタランドリー
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ryoryoryoryoryoryo.blog122.fc2.com/tb.php/72-d60cbec1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

てのひらの対話 «  | BLOG TOP |  » 空っぽのブルース

プロフィール

ryokky

Author:ryokky
学ぶこと=意識の投影物をどんどんふやしていくこと。
どこでも、だれとでも学びはつくりだせるって証明するために…
インドネシアで全力投球の毎日です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

Teman

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。