topimage

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイウォーカー - 2010.09.09 Thu

スクリーンショット(2010-09-09 06.48.22)


最近のできごと

ドイツ人の友達
3年ぶりのインドネシア中学校同窓会
帰国sementara



インドネシア人に聞かれる日本語はいろいろあるけど、
その中で難しいのの1つが、「ありがとう」の返答。
そういえば、日本人ってありがとうっていわれて、何てこたえるんやろう。
英語みたいに明確なのがあるわけやないなぁ。
そして、「どういたしまして」って使わんなぁ。

っていろいろ考えて、最近は、「こちらこそ」をお勧めしています。
インドネシア語の「sama-sama」(お互い様)とも通じるしいいかな。
ちょっと使うようにしようと思いました。


久しぶりに飛行機に乗りました。
広い空と大きい雲。



しばしの日本。
日本あっついねー。

15日まで空いとる人教えて。


今日の写真 : おやつ/オリンパス ペンwates indo
今日の音楽 : 時計をとめて夜待てば/サニーデイ サービス
最近の読書 : 伝える力/池上彰

循環回路 - 2010.08.02 Mon

たこ



最近のできごと

・こっそりやっと手に入れた携帯を孤児院長に池に捨てられたアリフ
・どんなに働いても交通費が手に入らなくてジャワ島に帰れないシマン
・バイクで一瞬で駆け上がるボクと薪の自転車で坂を上るおじいちゃん
・インターナショナルガムランコンサート
・人に誠実であるということ



ほとんどの時間を勉強に費やす受験時代のような毎日やけど、
その隙間にどんどん詰め寄せるいろんな出来事がありすぎて、
やっぱりいっぱい考えます。

週末は孤児院で過ごします。
新学期が始まって、新しいメンバーがかなり増えました。
はじめて出会う外国人と外国人が使うインドネシア語に戸惑いながらも
ちゃんと仲間にしてくれる、そんな抜群のセンスにはいつも頭が下がるよ。

インドネシアの孤児院は、
両親のいない、piatu
方親のいない、yatim
他にも、学校の余裕がなかったり、村でもない山に住んでいたり、育ててもらえる環境がなかったり、背景は様々。


今日は中3のアグスと高1のマルジョと彼らの家まで遊びに行ってきた。
3人乗りバイクで山道。しかも往復3時間。死んだ。

申し訳ないけど、お世辞にも休める場所といえない彼らの家で
ご飯をごちそうになって、
グラジャワつくりを見せてもらって、
カカオの実をとりに行って、
昼寝してきた。


帰りしなに
近所のおじちゃんやおばちゃんが
こっそり彼らにお小遣いをわたすところを見て、なんだかじんとした。
高校生のにぎるRp1.000(10円)札やRp5.000(50円)札を見て、
何かを感じれるわけやないけど、何も感じんわけやない。
急成長中のインドネシアの街の高校生は、携帯とバイクとあそびで日本とそんなに変わるもんやないと思う。


そして、アグスのお母さんがくれた作りたてのグラジャワ。
椰子の木のてっぺんにある花から採取する液体をじっくり煮詰めてつくる天然砂糖
できたてでまだあったかい7つの固まりは、
2時間かけてやっと7つできあがるもので、
もしボクが来なかったら、
市場にもっていって僅かだけどお金に換えられるそれは、
かんたんにボクにもらわれてしまいました。

もちろんほんとにうれしくて、
matur nuwon banget(ほんとうにありがとう)だけど、
ボクはこうやってしてもらっとることを、自分のところで止めてないかと急に思った。

きっと、世界は目に見えないやさしいきもちの循環回路があって、
それがうまくめぐることでうまい具合にいろんなものを支えとるんやと思う。
「足るを知る」ことと「余分を手放す勇気」
もちろんそれは、そうできる機会に出会うことも
日本人のボクとしては大きな要素だけど、
その機会に巡り会っとる今でさえ、どこをどうしてこの回路にアクセスすればいいのかわからん。

でもやっぱりこの循環回路の一員に憧れてしまうボクは、
それが自己満足で終わりそうなぎりぎりの淵をなんとか模索しようとしています。
それはまた報告します。

今日の音楽 : 胸いっぱい/サニーデイサービス
今日の写真 : 凧揚げdi panti beji wates/olympus PEN

ひびく つながる - 2010.07.16 Fri

q_20100717160927.jpg


最近のできごと

インドネシア人に道を聞かれる...エッ?
習い事はじめる。ガムラン、シラット、メディテーション、ヨガ
新しい子どもたち
新しい仲間たち



毎日は自分次第だなぁと思い知らされる毎日。
そしてその「自分次第」ってのはもちろん、
その状況までの橋を架けてくれる仲間のいる自分であり続けれることやから
やっぱ、むずい。


乾期がはっきりしないインドネシアで揉まれる毎日。
できないことに身をおく毎日は、日常が本屋さんみたいに見えておもしろい。
世界の広さも、深めたいことも、新しい興味もどんどん生まれてくる。
けど、同時に
どんだけ自分の知らん世界があるのかも、
どんだけ自分がわかってなかったのかも、
どんだけ自分は吸収する時間がかかるのかもハッキリわかってまって
そのバランスたもてるように自分を眺め直すのも大変やなぁ。

子どもたちから教えてもらう心地いいガムランの音も
つっこんだインドネシア語の文法や言い回しの授業も
アメリカ、オーストラリア、オランダ人との英語の時間も
毎日出会うたくさんの人やものとの関係も
楽しいし、嬉しいし、驚きやし、やる気出るし、感謝やし、笑える時間やけど
それだけの思いだけやないこともやっぱりある。
まぁ、それが自分を大きくしてくれる部分やから、きっと大事なんやよなあ。


できないことに身をおく毎日の中で思うことは、こんなこと。
うまくバランスをとるための気持ちの柔らかい部分を育てること。
そこらへんに転がっとるいろんな関係のひびきを受けとること。
そこらへんに転がっとるいろんな関係とちゃんとつながること。

そしてそんな柔らかい「部分」で、見えないだけでいっぱい転がっとる「関係」の誰かとつながる機会がたびたびある。
それは幸せなことだと思う。

まだまだ、それがどんなことなのかってわからんけど、
いつか、それものんびり子どもらと過ごしながら伝えれたらなぁと思います。


今日の写真 : 夜のお勉強
今日の音楽 : あい の ひびき/クラムボン
最近の読書 : 真夜中のマーチ/奥田英朗

すばらしい日々 - 2010.06.05 Sat

IMG_0001.jpg



最近のできごと


今アサインメント終了
Sementaraジャカルタ生活
イミグレーションのおじさん



中央イミグレーションに電話をしたときのお話


R「こんにちは。ビザについて聞きたいことがあるんですがよろしいですか」

イ「はい、どうぞ」

R「外国人がインドネシア入りする場合のビザが変わったと聞いたんですが」

イ「外国人ってどこの人?」

R「日本人です。」

イ「あなた日本人?ちょっと聞きたいことあるんだけど。まず尋ねていい?」

R「はい......」

イ「君は日本の軍歌歌える?」

R「えー、聞いたことはあるけど、歌えません」

イ「なんだそうか。でもオレは知ってるぞ。『同期の桜』知ってるか?」

R「はい、聞いたことはあるけど、歌えません。」

イ「実はオレは歌えるんだ!! kisama to ore to wa…
  (歌いだす。しかも途中で止めて『どう?』って褒められるのを明らかに
期待しながら)」

R「(2番に入ったので)........あの、Bapak すごいですね。で、ビザの件で
地方のイミグレでも可能か聞きたいんですが...」

イ「あー、オレ知らないんだ。直接聞いてみて。じゃあね。(切られる)」

R「.................」


てか、この人、政府の人やよなぁ。
てか、かなり大きい声やったけど、政府機関で歌ったんやよなぁ。
てか、歌いたかったんやなぁ。



今日も常識をぶっ壊されます。ここは不思議な国です。
でもこれも、すばらしき毎日なんやよなぁ。
明日、日本戻ります。

すばらしき日々=sehari-hari yg luar biasa


今日の写真 : 泣き虫/vista quest ENTRY di Indo
今日の音楽 : 7月の夜/くるり
最近の読書 : 話すチカラをつくる本/山田ズーニー
      インドネシアは、いま。/藤本芳男

てのひらの対話 - 2010.05.20 Thu

IMG_0002.jpg

IMG_0003.jpg

IMG_0008.jpg


最近のできごと

離島の学校


マナドのはずれから船に揺られて1時間。
離れ小島の学校に行ってます。

島に1つの中学校は、1クラスずつの小さな学校。
なーんもないけど、
マングローブに囲まれた島の
サトウキビ畑に囲まれた学校の生徒は元気な笑顔です。

電気は夕方6時から夜間しか使うことができず、
食べ物屋さんも、屋台ですらないけど、
とれたての新鮮な魚がいっぱいありました。

休み時間は、校庭のでーっかい木の下でみんなでのんびり遊びます。
もちろん、生活は大変。
本島に行く機会すらないなんて、やっぱすごいよなぁ。
コーヒーものまれへんし。

僕が、生活の中でがまんできんって思ってまうことのいくつかは、
彼らの中ではまったく当たり前のことで、
そのギャップはもちろん
生まれた国やこれまでの生活環境が創りだしたものなんやけど、
僕はそんな価値観にたくさん守られて、
実はそのせいで見えんくなっとるもんも
まーったく気づかんけどあるのかもしれん。

そんなもんが、まだまだいろんなとこにあるんやろうなぁ。
価値観をちゃんと誇りながら、それにちゃんと噛み付ける自分でありたい。

彼らに会えてよかった。
握手ができてよかった。

毎日は、出会いの連続です。
まだまだちっちゃいっていっぱい感じるよ。

てのひらの対話=dialog dengan telapak tangan

今日の写真 : Pulau MANTEHAGE/vista quest ENTRY
今日の音楽 : 柏手/クラムボン
最近の読書 : ジャカルタの目/中村敦夫
      http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=46050091&comm_id=4348626

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ryokky

Author:ryokky
学ぶこと=意識の投影物をどんどんふやしていくこと。
どこでも、だれとでも学びはつくりだせるって証明するために…
インドネシアで全力投球の毎日です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

Teman

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。